スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の中の夢

普段は静かな家に、年末年始には家族が集まります。

まずはクリスマス明け、帰省してきた次女と
湯の山のアクアイグニスへ行ってきました。
家で過ごすのが大好きな私たちにとっては、
珍しいことですが、温泉につかって、おいしいものを食べて
親しい友人夫妻とも会って、こんな年末もいいものです。
長女はこの時期、NYからロンドンへの移動と重なり、
残念ながら帰国を断念。

DSC_0160.jpg

年が改まると息子夫婦もやってきて
窓の外の雪景色を眺めながら、みんなでお雑煮を食べおせちを囲みます。
やがて息子たち、次女も戻っていき
私はまた、一人になりました。

こんな時は、思いっきりぐうたらを楽しもうと
リビングで毛布にくるまり、まどろんでいました。
なんて気持ちいいんだろう。
時々目覚めるのですが、すぐまた眠りに落ちていきます。

どれくらい眠ったでしょうか。

ふいに耳元で夫の声がして、何か作ってよ、と言いました。

薄目を開けると、横でごろごろしていた夫がこちらを見ています。
こどもたちも、同じ部屋で、てんでに好きなことをしています。

おなか空いた?
でも私、とっても眠いのよ、もうちょっと眠らせて。
ゆっくりさせて、お正月だもの。

そういうと、再び眠りの中へ...。

しばらくして、

目が覚めた時、周りはしんと静かで、びっくりしました。
思わず、みんなどこへ行っちゃったの?
と見回しました。

そんなはずがありません。
あの場にいた子どもたちは、幼なかった。
夫もすでに彼岸の人。

眠っている夢を見ている私が、夢を見ていたようです。

その夢を反芻していると、
家族をほったらかして、ごろごろしていることの罪悪感とか、
逆に、家族と一緒にいる満ち足りた幸福感とか
母性の在処などが、甦ってきます。

お正月だから、夫も帰ってきたのかなあ。

それにしても、何ともリアルな夢でした。

DSC_0157.jpg
















スポンサーサイト

幸福のつかみかた

誰にもあることだろうけれど

朝、目覚めて、まだまどろみの中にいる時に
ふと言葉や素敵なアイディアが浮かびます。

ぴか~~ん、って感じ。

「なぜいつも遠くへばかりいこうとするのか。
見よ、よきものは身近にあるのを。
ただ幸福のつかみかたを学べばよいのだ。
幸福はいつも目の前にあるのだ。」

ゲーテの言葉です。
なぜこの言葉が浮かんできたのかしら?
体は半分寝ているけれど、頭は妙にクリアです。

とにかく、朝の妄想(?)はまだまだ続くので、こんな時はメモを取ります。


グラスに水が半分。

あなたは、半分「しかない」と思いますか?
それとも、半分「もある」と思いますか?
さあ、どっち?

どっちの可能性もあるだろうけれど
「もある」と、思う人の方が
幸福にスイッチが入りやすいのは知れたこと。

でも、「しかない」って思うことだって
そんなに悪くない。
なぜなら、向上心とか、頑張りって
やはり「不足」が与えてくれる力ですもの。
そう思えることに感謝したいね。

要は、つかむか、つかまないかは
自分が決めているってこと。
そのどっちでも、自分が決めたら、幸福はつかめる。

なんてことをつらつら考えながら
ベッドサイドに置いてある、ワイルドローズを飲みます。

無気力、無関心、あきらめ、人生を放置、受け身...
ワイルドローズの指標はかなり重い。

でも人生の折々、何も諦めないで来た人なんていない。

さあて、私の中のワイルドローズは?

2011_0528_100507-CIMG4244.jpg









オイリュトミーとフェルデン

今月の最終日曜日は「オイリュトミーの集い」です。

今年はオイリュトミーが誕生して100年
それを記念して、昨年から、
モーツァルトのきらきら星変奏曲を
いろいろなグループが
取り上げています。

そして、今回の集いでは
テーマから第12変奏までを
各グループが舞台で動きます。
うれしいことに、東海地方だけではなく
札幌のグループも参加してくれます。

その前日には
オイリュトミーの舞台公演があるので
うれしいオマケで
翌日の私たちの集いにも、

な、なんと!照明が入ります。

umashi-1 245

オイリュトミーの舞台照明は独特で
まさしく、空間を染めるという感じです。
初めてその舞台を観たとき
空間の質感の変化が衝撃的でした。

上の画像は、スイス、ドルナッハのゲーテアヌムの
大ホールです。
椅子に緑や青の色が付いて見えますが
実は、窓のステンドガラスを通過して
入ってきた光で、椅子が染まって見えるのです。

かつてホールの中に足を一歩踏み入れた時
美しさに息を飲みました。

オイリュトミーの舞台の照明は
この感じに似ています。

空間が染まっているのです。


圧巻です



さて、先日2度目のフェルデンの個人レッスンでした。

前日、ほとんど寝ていなかったので
朦朧としていた私。

初回と違って
ほとんど
動きや身体感覚を意識化できませんでした。

でも、そのあとにあった
オイリュトミーの練習で
自分のからだが軽くなっていることに気付きました。


なにかをあきらめていた私が、ちょっと戻ってきたようです。


今回の集いでは、北原白秋の「月光の谿」も動きます。
だから、それまでに
白のクライトを作らねばなりません


もう、あきらめてはおれません。











フェルデンの個人レッスン

今年はなんて寒いのかしら。

特に母屋

その理由は日中のメインの暖房システムがストップ

まあ、単に灯油を倉庫から運んでくるのが

めんどうくさいだけです。

灯油が切れたら、それで終わり。

エコだし~

この2週間あまり、寒いのをじっと我慢...

ガマン、がまん、我慢

だんだん自虐モードです。



いくらなんでもこのまま

この状態を放置できてしまう私はイケない。

ということで、

まずは灯油を運び、家を暖かくして

今日から「フェルデンクライスメソッド」ことはじめです。

フェルデンのプラクティショナーが身近にいて

ばっちり個人レッスンを受けられます。

みなさま、数ヵ月後、私がどんなに変わるのか、お楽しみに!

って、楽しみにしてるのは、私だけですが。


【今日のエクササイズ】

床の上に仰向けに横になります

自分の背面がどんなふうに床と接しているかを

感じます。

かかと、ふくらはぎ、太もも、お尻

背中 肩、頭と

床を鏡にして

自分のからだの重さやゆがみを

映し出していきます

ふむ

からだを縦半分にすると

左が縮んでいるかも。

重くて硬くて、床から浮いてるみたい。

それに比べると

右側は力なく開いています

まるであきらめているみたいだ~

膝を立てて体をねじっても

からだのポイントとポイントが

まったく連動していません

なぜ?

プラクティショナーの手を借りて

からだの動きを意識すると

あら不思議

すっと動きが通ることもあります。

今日のところは

最初でもありますから

まあ、ぼちぼちと...


それにしても、自分のからだの動きの中に

潜んでいた感情は

自己主張できないセントーリーに

あきらめのワイルドローズでした。

あ~らら

これでは生命力が落ちているといわれて当然、

よっし、レメディ飲んどこ

フェルデンは、まさに「私とからだの対話」です。

2011_0705_213334-CIMG4525.jpg
バッチセンターに咲くセントーリー

バイオグラフィカル・ジャーニー

バイオグラフィカル・ジャーニー
ロンドンからパリへ


6月後半から7月半ばまで
イギリスに行っていました。

正確に言うと、旅の前半は、ロンドンに住む長女と合流し
フランス・パリ~ロワール地方への旅です。

キングスクロスから、ユーロスターに乗って
約2時間でドーバー海峡を渡るわけです。

すごいなあ・・・

その日は快晴。
どうです。
キングスクロス駅を見上げると
この見事な空の青さ!

キングスクロス駅

長女は超晴れ女なので
彼女のと一緒ならば、
まず雨に降られることはありません。

キングスクロス2

キングスクロス駅は大きい~
構内にはオリンピックマークも・・・


いざ、パリへ!!!


フランスを初めて訪ねたのは
1976年の冬。
35年前のことです。

その時はもちろん、ユーロスターはありません。
成田空港の開港前のこと。

三重県の松坂港から船に乗って東京へ
そして羽田からアエロフロート、モスクワ経由で
パリのシャルルドゴール空港に夜明け前に着きました。

まだパリ市内へ向かう電車が動いておらず
空港のベンチで時間を潰していると
人気のない空港の掃除をしている女性は
黒人でした。

とてもカルチャーショックを受けたことを思い出します。

そして

まずはホテル探しと、
その日泊るつもりの
(予約もしていなかったけど)
ホテルを目指して、
駆け上がったメトロの階段を
見上げた向こうに

広がっている石造りの世界に

息を飲んだ私でした。


その頃の私が歩いた道を

ほんの一部だけれど、もう一度、辿ってみます。

私と長女と二人で。


プロフィール

たまゆら

Author:たまゆら
テーマはいつも「対話」
誰と?私自身と。
私とあなた。世界と私

バイオグラフィーワーカー
バッチフラワーの
プラクティショナー(BFRP)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
猫とあそぼ
ネコ温度計
今宵の月は?
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。