スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おんなのことば

不思議なご縁で、1年前から、我が家を活動の拠点として
暮らすことになったHirokoさんが、3年ぶりにCDを出す。

茨木のり子さんの詞華集「おんなのことば」Vol.2だ。
「一人は賑やか」以降の17篇、
これまで出会ったことのない声の響きが
耳に、体に、心に染みとおる

いよいよ3月21日リリース!!

CDの前に、生で聴いてみない?

この詩のために作曲されたピアノとのコラボも素晴らしい。

酔いしれます...

茨木のり子著「おんなのことば」
VOL.2 2015.3.21 CDリリース記念

~詩の朗読とピアノ演奏~
Poetry Recital ポエトリーリサイタル

朗読 Hiroko  ピアノ 倉さと子

hiroko.jpg
   
日時:  2015年3月21日(土、祝)15:00~16:00(30分前開場)
場所: あかね塾 名古屋市名東区梅森坂1-931
    地下鉄東山線星ヶ丘駅より市営バス  梅森荘行き 梅森坂下車徒歩5分
入場料:予約 2,000円 /当日 2,500円
対象: 中高生以上大人対象
定員: 30名程度 *定員になり次第締りとなります

ご予約・お問い合わせ:   VOICE言の葉/TAMA PROJECTまで
                 Email:tamaproject015@yahoo.co.jp 
                http://www.voice-tmproject.com 

リサイタル当日、CD vol.2(2000円+消費税)を消費税抜きで、またvol.1(1000円税込)を販売しています

出演者紹介
Hiroko
ボイス&スピーチ講師、ポエトリーリーダー、 ロンドン大学ロイヤルセントラルスクールスピーチ&ドラマ大学院ボイススタディー修了。現在、TCL大阪ボイストレーニング講師、奈良女子大文学部人間科学科ゲスト講師、自然の薬箱ボディ&ボイスワーク講師など、アカデミックでボイスを学んだ数少ない‘声と言葉’の専門家として様々な分野でボイスワークをしており、また、CD制作や詩のリサイタルでも活動中。VASTA(ボイス&スピーチ講師協会)会員、日本演劇学会会員。   

倉さと子
関西在住ピアニスト、ジャズ、ラテン音楽のライブ活動をしつつ、 子どもの歌指導、作編曲も手がける。 「おんなの ことば」VOL.1のリサイタルでHirokoと共にライヴを行い、その声と言葉の世界に刺激を受ける。



スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

うれしいこと

長い間のご無沙汰に

言い訳はいっぱいできるけど

やっぱり、私の人生動いてる。

さあて、どんなふうに?

これからのお楽しみ。

バッチの仲間たちのブログができました。


BFRP東海 
BFRP東海*東海地方で活動する
バッチのプラクティショナー(BFRP)たちの交流サイトです


うれしいな




緊急のお願い

私の9月は、二女の誕生日に合わせて、念願の駒ケ根行きと、
『パーシヴァルに学ぶ人生の元型』の企画で、印象的にスタートしましたが、
それ以外に、とてもショッキングな出来事がありました。
クロイツのホームページでもご紹介している
「うめの森ヴァルドルフ子ども園」に起こった火災です。

どれほど心のこもった保育がなされているか、園を訪れたことの
ある方なら、だれも忘れることができないでしょう。
あの場所にもう一度、子どもたちの可愛い声を響かせたい!
どうぞ、皆様、手を差し伸べてください。




NPO法人 うめの森ヴァルドルフ子ども園
園舎再建に向けた支援のお願い


去る9月1日午後6時40分ごろ、うめの森ヴァルドルフ子ども園園舎の東側外壁付近において
出火し、外壁と屋根の一部を焼失する火災が発生しました。幸いけが人はありませんでした
が、翌日から始まる新学期を前に、私たちはこれまでの場所で保育を続けることが出来なく
なりました。 

支援者の方々にはご心配をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。また早々に
お見舞い下さった方々には、心より感謝申し上げます。

炎を目の当たりにした時には、大きな喪失感も味わいましたが、現在は近隣のみよし市に仮
園舎を置き、保育を始めております。火災の翌週から、ほぼ通常通りの保育再開が出来たこ
とは、まさに奇跡と感じたほどです。そのようなご縁とご厚意の恵みは、あるいは子ども達
の導きかもしれません。この時期の新しい出会いに、感謝の言葉もありません。
 

大きな困難を目の前にして、私たちは話し合いを重ねました。そして必ず子ども園を再建し
たいと確認しました。 うめの森ヴァルドルフ子ども園は、地域の方々に見守られて育って
まいりました。これからも、子ども達が安心してすごせる場所で、もう一度子ども園を始め
たいと思っております。私たちは、出来る限り自分たちの力を結集しようと動き始めました。
 
しかし子ども園園舎再建に必要な、大きな資金を集めることは容易ではありません。子ども
たちのために、一人でも多くの方々にご支援とご協力をお願い出来れば、大変有り難いこと
です。ご協力頂きました資金と、何よりそのお気持ちを力に、関係者一同再建に向けて力を
尽くそうと決意しております。何とぞ、皆様のお力添えをお願い申し上げます。

うめの森ヴァルドルフ子ども園 再建のための義援金は、下記口座にお振り込み下さい。
お手数ですが、備考欄に「再建のための寄付」とお書き添え下さい。

ゆうちょ銀行 振替口座  00830-4-92761
口座名義:特定非営利活動法人 うめの森ヴァルドルフ子ども園
他金融機関からの振込用口座番号
〇八九(ゼロハチキュウ) 店(089) 当座 0092761


NPO 法人 うめの森ヴァルドルフ子ども園  
連絡先(仮園舎) 470-0224 愛知県みよし市三好町仲ヶ山43-43   
Tel/Fax 0561-34-6135 (14時以降)
(旧住所:名古屋市名東区梅森坂1-1103  では、現在保育を行っておりません)

ゲーテ的対話

地と天の不思議な意志の交歓を見た!
たばしる戦慄の美しさ! 

                 茨木のり子『対話』より抜粋

ネーブルの花々の烈しい香りと、獅子座の首星の瞬きを
茨木のり子は、『対話』と表現し、かのゲーテは、
「対話こそ、芸術中の芸術」と位置付けました。
バイオグラフィーワークでも、
この「ゲーテ的対話」は、コースに入っています。

でも、

「ゲーテ的対話」 って、いったい、なに?

ということで、

今年のアンドリューの講座は『ゲーテ的対話』を取り上げ、
アンドリューに、対話そのものを語ってもらおう、ということになりました。

ゲーテは 『緑の蛇と美しい百合姫のメルヘン』の重要な場面で、
「対話こそ金より輝かしく、光よりいのちあるもの」と、語っています。

日頃私たちが、何気なく交わすおしゃべりと
「ゲーテ的対話」と、どう違うのか?

コミュニケーションが大事といわれながら、
ますます空虚になっていくように感じるのはなぜ?

真の対話からは、何が生まれるのか?
などなど、

アンドリューの視点から、対話というものをたっぷり2日間
語っていただきます。



Listening with the heart
魂(こころ)からの傾聴

Speaking to the heart
魂(こころ)への語りかけ

Love that lives in silence
静けさの中、音もなく息づく愛



日時 2009年8月16日(日)・17日(月) 10時~16時 (両日とも、昼食・休憩時間含む)

講師 アンドリュー・ウォルパート  通訳 高野真理子

参加費 1日(2コマ) 7000円  2日間通し 13000円(定員各20名)

会場 名古屋市女性会館 地下鉄名城線「東別院」1番出口徒歩2分

申込・問合せ  tokai@biographywork.jp



ぜひこの機会に、聴く、語る、真実の対話というものを味わってみましょう。
ご参加、お待ちしています!
アンドリューウォルパート~「ゲーテ的対話」 講演と実践講座

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

しばらくお休みです

明日から九州です。

というわけで、カウンセリングやワークのお申込み、
また、メールをいただいた場合も、
お返事をお待ちいただくことになります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

夕方から降り出した雨が、本降りになりました。
明日の朝、出かける頃には止んでくれるかなあ。
未明に家を出たら、10時前にはもう小倉にいるなんて嘘みたい。

なんて便利な世の中でしょう。
改めて普通にあちこち行けることに感謝です。
プロフィール

たまゆら

Author:たまゆら
テーマはいつも「対話」
誰と?私自身と。
私とあなた。世界と私

バイオグラフィーワーカー
バッチフラワーの
プラクティショナー(BFRP)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
猫とあそぼ
ネコ温度計
今宵の月は?
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。