スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽オイリュトミー講座

皆さま お久しぶりでございます。

月のリズムでバッチフラワーは、懲りずにぼちぼち続けて
ホーンビームまで順調にきたところで、結構な風邪をひき、
少々ゲンチアナになっておりましたので
ここ1週間ほど、ミックスボトルを飲んでおります。
昨日は射手座の満月、雨上がりの夜空に
ピカピカのお月さまでしたね。
もう少し体調が整ったら、レメディも元に戻していこうと思っています。
その前にたまったレメディ記録を更新せねば。

でもそのまた前に、名古屋オイリュトミーの会から
夏のオイリュトミーのお知らせです。

音楽オイリュトミー講座

今年もピーチ洋子さんの講座を企画しました。今回は三回目となり、
初めて初心者と経験者に別れて動いてみたいと思います。
前回より、前々回より更に、グレードアップした音楽オイリュトミー講座を目指して、
皆さんとともに楽しい時間を過ごしましょう。

オイリュトミーってなに?と思われた方、見たことはあってもまだやったことがない方、
百聞は一見にしかずと申します。どうぞ、一度ご自身で体験してみてください。
美しい音楽に合わせて動けることが楽しくて、くせになるかもしれません。
経験者の方は、皆で動ける喜びを十二分に味わい、なにか作品にチャレンジしたいと思います。
午前から続けて参加することも可能です。

気さくなお人柄の洋子さん、きっと笑いの堪えない楽しい講座になるでしょう。
ご参加を心よりお待ちしております。

講 師 オイリュトミスト  ピーチ洋子    ピアノ  鈴木里美
日 時 2015年7月7日(火) 
     1.初心者向け  10:00~11:30 
     2.経験者向け  13:00~15:00
場 所 名古屋市女性会館  1階 文化活動室
     名古屋市中区名古屋市中区大井町7-25
     地下鉄名城線東別院下車①番出口東へ徒歩3分
     (駐車場が限られています。出来るだけ公共交通機関でお越しください)
参加費  1. 1,500円 / 2. 2,000円  当日お支払ください
定 員  各20名
持 物  底の薄い室内シューズ、動きやすい服装(フレアースカートなど)
      暑い時期なので飲み物など。 連続受講の方はおにぎりなど。

お問合せ・お申込み
TEL/FAX (0567)65-6608/携帯 090-1097-0230 (鈴木もとこ) 
Email: meguru-motoko@sf.commufa.jp


20130702 yoko2
ピントがぼけておりますが、洋子さんの雰囲気は伝わるかな。

【ピーチ洋子 プロフィール】
イギリス留学を経て、スェーデンでオイリュトミーと出会い、93年ヤーナオイリュトミー学校卒業。
卒業後スウェーデン人と結婚し、地元の舞台グループでオイリュトミー活動。
1999年独自のアート追求のためムーヴィングアートカンパニーを設立。
舞台活動のかたわら児童、青少年のための舞台グループや大人向けオイリュトミーコースにて指導。
また和太鼓を取り入れたパフォーマンスなどを現地のアーティストと一緒に活動中。
スウェーデン、ヤーナ在住 19才、17才、16才の3児の母  
URL www.movingart.se

スポンサーサイト

妖精たちの踊り

オイリュトミー公演「妖精たちの踊り」

2013年6月23日
四日市あさけプラザホール
この日はヨハネ祭、加えて満月、しかもスーパームーン
これ以上ないってくらい、ぴったりのプログラムでした!

一部 
歌劇『オルフェオとエウリディーチェ』より「精霊の踊り」
『グリム童話』より「星の金貨」

二部
グルック 歌劇『オルフェオとエウリディーチェ』より「バレエの情景」
メーリケ『舟乗りと水の精の童話』より「草の根の妖精」
シューマン 交響的練習曲Op.13 主題
ゲーテ「魔王」
モーツァルト アベ・ベルム・コルプス
チャイコフスキー バレエ組曲『クルミ割り人形』より「花のワルツ」

画像は、練習風景から。
プログラム最後の「花のワルツ」の一場面
本番では柔らかなピンクのクライトに
若草色のシュライヤー(ヴェール)を重ねて、さらに明るく軽やかに♪

どうです!
動くギリシャ彫刻みたいじゃないですか!!

luludi.jpg

どのプログラムも見ごたえのあるものでした。
やっぱり舞台は素敵です。

私の担当は、かのグリム童話の「星の金貨」の朗誦です。

身寄りのないとても貧しい女の子が
神様だけを信じて、荒野に出ていきます。
そこで出会う人々に、自分のわずかな持ち物から
一切れのパン(エーテル体)、
帽子(思考)、上着(感情)、スカート(意志)
肌着(自我)と、持てるもののすべてを上げてしまいます。

そして、世界に自分を捧げ尽くしたところに
星(霊的存在)が金貨(物質化)となって、
女の子に降り注ぎ、
新しい肌着(自我)も得て
豊かに生きる、、、というお話しです。

といっても、こういう解釈はアントロ的なんでしょうけれどね。

プロフェッショナルな
オイリュトミスト、言語造形家に交じって
素人の私でいいの?という問いを持ちつつ
短い間でしたが、舞台を創り上げていくプロセスを
一緒に楽しませてもらいました。

当日足を運んでくださった皆様、
支えてくださった皆様、ありがとうございました。
感謝、感謝。

大好き!オイリュトミー


もう終わってしまいましたが、
6/10~14 までの5日間、
オイリュトミスト養成・あかね塾の塾生体験がありました。
私が参加できたのは、そのうちの3日間だけ。
言語造形や音楽理論、合唱の講座も交えつつ
朝から晩までオイリュトミー三昧、
ほんの垣間見ただけですが、
そうか...オイリュトミストになるには、こういう日々か。
全身汗まみれになりながら、テンションが上がり切った3日間でした。

オイリュトミーを動いていて、驚かされるのは
ふとしたとき、思考・感情・意志のそれぞれが響きあって
ストンと腹に落ちてくることです。

自分の考え方の癖、
思い込みの癖
そして動き方の癖

それらの癖を統御できないまま、無自覚に日常を送っていることが
オイリュトミーの動きの中でまざまざと見えてくる
己の姿に冷や汗たらたらです。
この運動芸術のものすごさに、ちょっと溜息。

7月になるとスウェーデンで活動する
ピーチ洋子さんの講座があります。
初めての方も是非どうぞ。

7月2日(火)10:00-12:00
【初めての音楽オイリュトミー講座】
名古屋市女性会館 講師 ピーチ洋子

8月には横山守文さんを東京から迎えて
恒例の2日間の連続集中講座です。
8月3,4日(土日)10:00~15:30
【横山守文連続集中講座】

そしてもう今週末ですが、三重県四日市市では
オイリュトミー公演があります。
6月23日(日)14:00~
【妖精たちの踊り】
あさけプラザホール シュタイナー芸術の会Luludi

恥ずかしながら、私も朗誦で参加します。
お近くの方、どうぞお出かけくださいませ。
星の金貨



響命~ひびきあういのち

バイオグラフィーワーカー養成コースの会場となっている
東京・日野の修道院に続く坂道
ちょっとでもタイミングがずれると
お目にかかれない梅の花が今年はまだまだ満開!




鶯の声で目覚める幸せな朝



前夜の雨が朝陽に立ち昇り、
大地と風と光とまじりあい、響きあって
ほら、歌っているよう




東京から戻り、一夜明けて
昨夜はオイリュトミー公演
『響命~ひびきあういのち』

画像がなくてほんとに残念です...

通常、オイリュトミーの舞台では、
袖に隠れて奏でられる楽器ですが
今回のしつらえはちょっと違います。

客席に近いせりの部分にピアノとチェロが
一段上がった奥が、オイリュトミーの舞台です。

それらの空間をすべて染めるオイリュトミーの舞台照明

響きの色合い、間、呼吸で瞬時に変わる
オイリュトミー芸術独特の空間照明
今回はさらに気合が入ってその美しさに息をのみました。

注目の新進のチェリストは
なんとこの春から高校生という若さ、
瑞々しさと同時に清々しい自信にあふれ、
すでに大物の気迫と風格が。

透明感あふれるピアニストからは
優美さと強靭さを。
心に染み入るその音色

そして

オイリュトミスト清恵さん

1999年帰国以来、幸いなことに
ほとんどの舞台を見せてもらってきました。
その都度、胸が震えるような感動を覚えましたが
これほど、大きく、豊かで、自由で、
喜びにあふれていたオイリュトミーは
初めてだったかもしれません。

まるでこの世の春を歌う
梅の花々のように。

一つ一つがきわだち、響きあう舞台を見ながら
ふとゲーテのファウストの一節が浮かびました。



すべてが織り合わさって全体をなしている
一つ一つが他に働きかけ、生きている
天の諸力が上昇し、下降して
黄金の釣瓶を渡し合っている
祝福の香る翼をもって天から地を貫き入り
すべては調和して響き渡る

「ファウスト」より




桜色のヴェール

オイリュトミーの集いが近づいたある日
もう何年も放置してあった白絹で
やっとオイリュトミードレスを縫いました。

真っ白で、美しい光沢にうっとり。。。

とはいうものの、
それに重ねるシュライヤー(ヴェール)は
ずいぶんくたびれて薄汚れてみえます。
こうなると
新しいシュライヤーを縫いたいけど、
生地も時間もありません。


そこで、
思い切って染めることに。

何色にできる?

ごそごそとキッチンを捜すと
残り物のハーブティーのティーバッグが出てきました。

ブルーベリーとハイビスカス

これ、よさそう。

どんな色になるかしら。
媒染液はクエン酸です。

ほら!

こんなきれいな桜色に染まりました。


無事にオイリュトミーの集いも終わりました。

もうしばらくは、これをまとって
舞台に上がる機会はないと思うと
さみしい限りです。













プロフィール

たまゆら

Author:たまゆら
テーマはいつも「対話」
誰と?私自身と。
私とあなた。世界と私

バイオグラフィーワーカー
バッチフラワーの
プラクティショナー(BFRP)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
猫とあそぼ
ネコ温度計
今宵の月は?
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。