スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の中の夢

普段は静かな家に、年末年始には家族が集まります。

まずはクリスマス明け、帰省してきた次女と
湯の山のアクアイグニスへ行ってきました。
家で過ごすのが大好きな私たちにとっては、
珍しいことですが、温泉につかって、おいしいものを食べて
親しい友人夫妻とも会って、こんな年末もいいものです。
長女はこの時期、NYからロンドンへの移動と重なり、
残念ながら帰国を断念。

DSC_0160.jpg

年が改まると息子夫婦もやってきて
窓の外の雪景色を眺めながら、みんなでお雑煮を食べおせちを囲みます。
やがて息子たち、次女も戻っていき
私はまた、一人になりました。

こんな時は、思いっきりぐうたらを楽しもうと
リビングで毛布にくるまり、まどろんでいました。
なんて気持ちいいんだろう。
時々目覚めるのですが、すぐまた眠りに落ちていきます。

どれくらい眠ったでしょうか。

ふいに耳元で夫の声がして、何か作ってよ、と言いました。

薄目を開けると、横でごろごろしていた夫がこちらを見ています。
こどもたちも、同じ部屋で、てんでに好きなことをしています。

おなか空いた?
でも私、とっても眠いのよ、もうちょっと眠らせて。
ゆっくりさせて、お正月だもの。

そういうと、再び眠りの中へ...。

しばらくして、

目が覚めた時、周りはしんと静かで、びっくりしました。
思わず、みんなどこへ行っちゃったの?
と見回しました。

そんなはずがありません。
あの場にいた子どもたちは、幼なかった。
夫もすでに彼岸の人。

眠っている夢を見ている私が、夢を見ていたようです。

その夢を反芻していると、
家族をほったらかして、ごろごろしていることの罪悪感とか、
逆に、家族と一緒にいる満ち足りた幸福感とか
母性の在処などが、甦ってきます。

お正月だから、夫も帰ってきたのかなあ。

それにしても、何ともリアルな夢でした。

DSC_0157.jpg
















関連記事
プロフィール

たまゆら

Author:たまゆら
テーマはいつも「対話」
誰と?私自身と。
私とあなた。世界と私

バイオグラフィーワーカー
バッチフラワーの
プラクティショナー(BFRP)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
猫とあそぼ
ネコ温度計
今宵の月は?
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。