スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドチェストナットは愛?

レッドチェストナット~心配という愛のかたち

redchest.jpg

英名 Red Chestnaut
学名 AEsculus Cannea
和名 アカバナセイヨウトチノキ
キーワード  他者に対する心配しすぎ
飲んだ期間 2015/1/20(水瓶座の新月)-2/3


家族や恋人、親しい友人など
愛する人が、病や困難を抱えているとき
心配になったり、一緒に不安を抱いたりするのは
自然な気持ちです。

愛や共感がベースになって起こるこの感情が
状況次第では、ネガティブになったって
仕方ないんじゃないの、とも思います。

たとえば、いつも決まった時間に帰ってくる子どもが
もし、何時間たっても帰ってこなければ
当然のことながら、親は心配で心配で、
いてもたってもいられなくなります。

つい友達とおしゃべりしていて
暗くなってしまい、急いで帰ると
戸口に不安な面持ちの母親が立っていたとしたら
あなたはどんな気持ちになるかしら。

罪悪感と同時に、
心配してくれたことが、愛されてる実感につながって
ちょっとうれしいかもしれません。
反対に、煩わしいとか、縛られているみたいで
嫌だとか思うかもしれません。

そのさじ加減は微妙ですね。

心配してくれないと、淋しいって気持ちもわかります。
でも、あまり、くどくどと帰ってくる時間を聞かれたりしたら
やっぱりちょっとうるさい。

何でもそうですが、過剰なのがよくないわけです。
双方にとって。

長女13歳、長男15歳、次女12歳
我が家の子どもたちが、家から出た年齢です。

まだほんの子ども。
心配なのは、当たり前です。

でも、心配する気持ちは、
ネガティブな「気」を送ることにつながるので
自分の中にある不安を安易に増幅させないよう
それを決して相手に投影したりしないよう
細心の注意をもっていなければなりません。

だから決めています。
それぞれが、
それぞれの人生が
守られていることを信頼するって。

今、在ることに対する絶対的な信頼。

家族や愛する人への不安感って
結局は、自分自身の中にある不安の投影でしかありませんし
自分の自信のなさが、
相手にも自信を失わせることにつながります。
そうやって、
互いの自立が妨げられていくわけです。

レッドチェストナットはそんな時の大きな助けです。
関連記事
プロフィール

たまゆら

Author:たまゆら
テーマはいつも「対話」
誰と?私自身と。
私とあなた。世界と私

バイオグラフィーワーカー
バッチフラワーの
プラクティショナー(BFRP)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
猫とあそぼ
ネコ温度計
今宵の月は?
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。